セイコー指輪型時計(リングウォッチ)のファーストモデルは何年?

Pocket

先日、「セイコー指輪時計(手巻き機械式 リングウォッチ)の歴史」という投稿をしました。調べもの好きな私としては、その後「いつから販売してるか?」を調べたくて調べたくて・・・・、とはいえ、なかなか情報を得ることはできませんでした。
そこで!9月頭の東京への出張時にセイコーミュージアムへ行き、約50年前のカタログを調べてきました。

このセイコーミュージアム、東北からやってきたものとしてはちょっとわかりにくい「東向島」というところにあります。最寄駅から15~20分ほど歩きまして、そこにはちょっと懐かしい下町がありました。

2015-09-02 17.01.54

懐かしいたたずまいの中に、私が大好きな「いなり寿司専門店」があり、即購入。(笑)
数か月後には新しい店に移動ということで、外観も記念撮影させていただきました♪

IMG_7993

2015-09-02 16.59.42

さて、セイコーミュージアムでは古い資料を見せていただきました。
1960年という大変貴重なカタログも見せていただきました、その中には今回の目的である「セイコー 指輪時計」を見つけることはできませんでした。

そんな貴重なカタログをめくっていくと、ついに見つけました。

ringwatch1stmodek

1967年 No2の増補版に初代 セイコー指輪時計を見つけました。1967年(昭和42年)いまから48年前にこの小さな機械式リングウォッチが誕生したんですね。
そうなると、このセイコー 機械式指輪ウォッチの歴史はこのようになります。
≪1967年後半≫誕生 1種類のみ
≪1968年≫ カタログVol1 1種類 カタログVol2 1種類
≪1969年≫ カタログVol1 1種類 カタログVol2 4種類 (ついにカラーバリエーション)
≪1970年≫ カタログVol1 5種類 カタログVol2 4種類 (1つ減っている・・・)
≪1971年≫ カタログVol1 7種類 カタログVol2 4種類
≪1972年≫ カタログ 11種類  (カタログにVol1などの表記なし)
≪1973年≫ カタログVol1 16種類 カタログVol2 18種類

≪1974年≫ カタログVol1 15種類 カタログVol2 17種類
≪1975年≫ カタログVol1 データなし カタログVol2 20種類
≪1976年≫ カタログVol1 17種類 カタログVol2 データなし
≪1977年≫ カタログVol1 16種類 カタログVol2 16種類
≪1978年≫ カタログVol1 16種類 カタログVol2 12種類
≪1979年≫ カタログVol1 9種類  カタログVol2 9種類
≪1980年≫ 指輪型機械式時計無し

13年……………たった13年だけ製造されていたということがわかりました。
しかも最初は1種類だけ、最大で20種類。

ぜひ、この貴重なセイコー機械式指輪時計をご覧ください。
かわいくて、かわいくて 手で巻き上げるために愛着がわく時計たちです。

  タイムガーデン セイコー機械式指輪時計 コレクション
https://timegarden.theshop.jp/
◎セイコーリングウォッチ―特別な日におすすめ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です