「いい時計」ってなんでしょう?

Pocket

私は使った人の思い出がつまった時計っていいなって思います。
 
いまは数百円でも腕時計が買えますし、数百万 数千万なんていう腕時計もあったりとすごく価格に幅があります。しかも「時間を知る」という意味では町中いたるところに時計が表示されていますし、携帯電話などでもすぐに知ることができます。
 
 
 
私が持っている時計で私のおじいちゃんが使っていた懐中時計があります、実は部品がなくて今は止まったままですが、いつか部品を作れる方にお願いしたいと思っています。
 
その時計を見ると25度の焼酎をのみ「しんせい」のタバコを吸い、たまに桃山というパイプのタバコを吸っている(ふかしている)おじいちゃんを思い出します。10月17日が命日で、おじいちゃんが座っていた茶色の座椅子の隣にある戸棚には「黒砂糖」が隠されていていつも狙って(笑)いました。それから猫は「たま」でよく「たま」用のキャットフード 赤と青の2種類があって、いつも青を買いにお使いに行きました。などなど 走馬灯のように思い出します。
 
私の中ではそのおじいちゃんの懐中時計が「おじいちゃんと過ごした記憶のスイッチ」になるんです。
 
 
そしてこの腕時計は私が二十歳の時に成人式の記念に両親からプレゼントされた時計です
 
 
父が「おまえの好きな時計選んで良いよ」といってメーカーさんのカタログをわたされて選んだ時計。すでにその頃から機械式を選んでました(笑)きっとそれは父の時計店の修理をしていた方の存在が大きいんですが、「機械式時計ならメーカーの部品供給が終わっても修理できるから」っていう一言で選びました。
 
着なれないスーツに身を包み、成人式の会場に向かったこと。懐かしい友達にたくさん会ったこと。記念に彫られた「96.1.15 成人式 SHIN」。二十歳の時を振り返るのはくすぐったいんですが・・・まぎれもなく大切に使い続けたい時計です。
 
ちなみにこの時計の値段は安いんですよ。その当時の価格で¥15,500 日本製の時計で 『SEIKO ALBA SUCCESS VINTAGE』 。もうすでにメーカー希望小売価格の価値は通り越してしまって、今回もこのブログを書くためにその当時の値段を調べたくらいどうでもよくて。すでにメンテナンスにかけた金額の方がはるかにかかっていますから(笑)
 
たぶんこれは時計に限ったことではなくてその「モノ」の価値は使い手の心の中にあるんだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です