物を大切にする心を受け継ぎたい。100年経っても色あせない、琺瑯(ほうろう)文字盤を使ったセイコー製腕時計を紹介します。

Pocket

sarx019-2


「使い捨て」なんていう言葉が流行った時代もありました。でも、基本は「物を大事に使う」ではないでしょうか?

親となり、子供に伝えていきたい事はたくさんあります。その中でも特に、モノへの思いやりは大切にしたい。毎日使う腕時計、大事に使って、もしこの自分の子が受け継いで使ってくれたら、ちょっと嬉しいですよね。

雑誌の「一生モノの腕時計」というタイトル。一見すると「何もせずに、一生使える腕時計」と考えてしまいます。実は、「一生モノの腕時計」というモノは、『使い手』が創ります。日本で古くから伝わる漆器の世界「作り手7割、使い手3割」使い込んだ先に、そのモノが完成すると言われています。腕時計も、使い手によって「一生モノの腕時計」になるんです。琺瑯(ほうろう)文字盤は、色褪せない素材として昔から使われてきました。琺瑯の持つ、温かみのある色合いは、次の世代に受け継がれたときに、さらに良い風合いで全体を包みます。

20年後のキミへのプレゼント。
誕生とともに購入して、大切に育てて、成人式にプレゼント。

夢がある贈り物だと思いませんか?

大切に育てる方法は簡単♪3つの点に気を付けてください

1.交代で使いましょう
1本の時計を使い続けることもできますが、特に人が寝ている間も動き続ける時計にとっては、負担が多くなります。3本程度の時計の一員として、順番に、または生活のシーンに合わせて使いましょう。

2.定期的なメンテナンス

 毎日使う方なら3年に一度はメンテナンス(分解掃除)をおすすめします。ただ、交代で、激しい使い方をしなければ、4~5年に一度のメンテナンスでも大丈夫です。もちろん、たくさんの歯車や部品で成り立つ機械式時計なので、たまに「最近調子どうかな?」って意識してあげてください。

3.思いやりのある使い方

 永く使うことを考えれば、やはり「激しい運動には身に付けない」「乱暴な扱い方はしない」「落下」などには十分に気を付けて、子育てするように、取り扱ってください。
きっと20年も経つと、ケースには使用した傷もつくでしょう。
それもまた「味」。
「手をつないだ時にしていた腕時計」「いつも大切にしていたお父さんの時計」
「この時計は仕事の時もしていたな。」

 腕時計というモノを通じて、お子さんに「お父さんの心」が染み込んでいたら、うれしいですね。

現在販売中のセイコー 琺瑯モデル プレザージュ
SARX019
SARX027
SARW013

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です