いま一度「電波ソーラー時計」について整理しましょう

現在売られている時計の半分ぐらいを占める「電波ソーラー時計」ですが、まだ勘違いをしている方が多いのでその機能について整理したいと思います。

「電波ソーラー時計」は
「電波による時間修正機能」と「電池交換不要のソーラー電池機能」の2つの機能が合体した時計です。

ですので
私の時計は電波時計だから電池交換いらないんだ」・・・・間違いです
ソーラー時計だから時間正確なんだよね」・・・・・・・・・・・・・間違いです
   この2つの話は店頭で本当にあった話です。

別な方面から言うと「電波時計」(定期的に電池交換が必要なタイプ)もありますし、電波修正機能のないただの「ソーラー電池時計」もあります。ぜひこの辺は表示を間違わずに注意してくださいね。

 ここからの情報はメーカーが公表しているものではありません、実店舗でお客様とやり取りをして「そうかな?」という内容です。でも同じトラブルでお困りの方でもしかしたら解消するかもしれません。(曖昧ですがご了承の上お試しください)

【ソーラー時計】でたまにあるトラブル

 ・お客様で「ソーラー電池」であることを忘れて電池交換を依頼される。


  →もし文字盤に「Solar」という表記がありましたら教えてあげてください

 ・一度停止した(ソーラー電池の充電が無い)時計を蛍光灯で充電したら動き出さない。

  →晴れた日の直射日光で充電したら動き出してその後不具合がない。
 
  ※すごく曖昧ですが一度スッカラカンになってしまった状態で、弱い光での充電はうまくいかないことが多いです。ショック療法ではありませんが、晴れた日の直射日光で数時間充電したら普通に動き出すケースが多いように思います。

【ソーラー電波時計】でたまにあるトラブル

 ・時計の針が12時で止まったまま動かない。

  →まずは直射日光に1日当ててみてください。  

  ※これは「パワーセーブ機能付き」の時計で「ソーラー充電量」が不足している場合が考えられます。一部の時計は「パワーセーブ機能」が働くと(暗いところに数時間置いてあると)針を12時位置にそろえてから「パワーセーブ」になる時計があります。そのまま充電がされない状態が続くと12時位置のまま止まってしまいます。

なぜ12時位置になるかというとメーカーサイドでは「電波受信」のことを考えたからだと思います。電波時計は12時位置を0として「針」に角度を与えて正確な表示をします。
(それで取扱説明書には0時位置調整とか基準位置調整という項目があります)

そのため、パワーセーブ機能がなくなり、再度充電されて「電波を受信」することを想定すると12時位置に針があった方が「間違いなく」針に角度を与えられます。

例えば針が12時位置に無かった場合はその針の位置を「12時位置」として電波を受信して角度を与える(正確な時間に表示する)ため狂った針の位置のまま表示をします。電波時計君としてはすごくまじめな仕事をしているんです。

【電波ソーラー時計で2日充電しないとフル充電にならない時計がある】

 1万円前後で売られている「電波ソーラー時計」で1日の直射日光の充電では足りない時計があることがありました。もし1万円前後の「電波ソーラー時計」を持っている方は1日の充電ですぐに止まってしまう場合、2日ほど充電をしてみてください。

ここまでしても不具合が出る場合は修理の必要があると考えられます。


 何も不具合が無い時はすごく使いやすい「電波ソーラー時計」「電波時計」「ソーラー時計」ですが・・・いざ何か不具合がでると少し面倒なところがあります。

でも特徴を知ることで大切なパートナーになってくれますよ。